カテゴリ:

黄金色のキツネが言った

「野ばらの園は、そのすぐ先だよ」

紺碧の瞳は チョッキとおんなじ色

遠く近く 響く潮の音

キツネ、ぴんと尻尾をのばし

「でもそこに着くまでに、海を渡らなきゃ」

私、花の密を吸いたいだけよ。

「そんなもんじゃない」

チョッキの青が 波立って

「大きな花束をもらえるよ」

なんてね