アーカイブ

2015年03月

カテゴリ:

ゆるゆる ぽちゃん

うみのなか

まっくらがりより

くらいあお

もくもくもくと

しずんでく


とおざかってゆく

ひかりのなかで

かげえあそびと

かくれんぼして

あぶくのなかで

てをのばす


きみはしあわせ?

あたしには

すこしだけ かわいそうにみえる


からくりじかけの

さかなたち

かこも まぼろしも

ぱたぱたと

こまかく ちぎれてしまうから

(このよにつみがあるのなら

きっとこんなかたちをしてる)


からっぽのきみを

うめるうみ

くらいあおに

あたしもなりたい

カテゴリ:

世界樹が、バルコンを

おおいつくした。


枝がのび、のうみその、いちばんやわいとこを

なでる。


しゃらんしゃらん と、

かあいい音がする。


神は石ころであった。

それはわたしの世界である。



「あー……

 これが、世界のことわり。

 これが、世界のことわりなのね

 これが、世界の…



 …ねぇ、聞いているの?



 ねぇってば!!」




猫は、そしらぬ顔で寝ている。

カテゴリ:

かわいい 火の玉

ばちばちと

小舟に乗って

流れてく。


雨の小川はどこまでも

胸の夢想をつむぐので

わたしは地面に頬をつけ

光ゆくのを ながめていよう。


わたしのちいさな

たましいの

ゆくえ。

このページのトップヘ

見出し画像
×